company

企業理念・沿革

トップ 企業情報

企業理念・沿革

沿革

1949年05月

社団法人 大阪市電交助会 設立

1949年12月

地下鉄構内の一般売店営業を開始(淀屋橋、本町)

1950年03月

損害保険代理店業を開始

1950年04月

屋外広告、電柱広告を開始

1953年08月

市電の車両清掃 開始

1958年04月

市電定期券、地下鉄を除く各種連絡定期券発売業務 開始

1960年12月

地下鉄連絡定期券の発売開始

1964年05月

財団法人 大阪市交通局協力会 設立

1964年06月

社団法人 大阪市電交助会 解散

1965年04月

地下鉄車両清掃を開始

1965年04月

定期券常設発売所、観光バス案内所で市電、バスの回数券の発売開始

1969年04月

(市電廃止)

1972年07月

地下鉄回数券を駅の一般売店、観光バス案内所、定期券発売所で発売開始

1979年08月

<大阪市交通事業振興公社 設立>

1982年05月

<交通サービス株式会社 設立>

1995年10月

市営交通アクセスガイド業務 開始

1998年02月

回数カード(地下鉄、バス共通)発売開始

2001年04月

市営交通案内所、梅田南案内コーナー、淀屋橋案内コーナーの業務開始

2004年08月

本部事務所が九条MTビルへ移転

2005年12月

OSAKA PiTaPaカード発行開始

2006年11月

株式会社大阪メトロサービスを設立

2007年01月

「財団法人 大阪市交通局協力会」から地下鉄駅売店事業、IC事業、広告代理店事業、乗車券発売事業などを継承、事業開始

2007年02月

<財団法人 大阪市交通局協力会 解散>

2007年03月

<大阪市交通事業振興公社 解散(交通サービス株式会社に業務を移管)>

2009年04月

OSAKA PiTaPa LiTEカード発行開始

2012年04月

交通サービス株式会社と合併(地下鉄部門唯一の外郭団体として再編)
駅運輸事業、遺留品取扱事業、地下鉄設備整備事業、調査技術事業、保険代理店事業、不動産管理事業を開始

2012年07月

(一般売店等営業終了)

2013年03月

(地下鉄設備整備事業終了)

2017年02月

久世福商店 三宮店 営業開始

2018年04月

Osaka Metro誕生とともにそのグループ会社として新たなステージを迎える

2019年01月

Osaka Metroの広告媒体の管理、運営事業を分割吸収

2019年03月

(駅運輸事業終了)

2019年04月

シェアードサービス事業開始

2019年08月

警備業認定取得

2020年04月

大戸屋 三宮店 営業開始

2020年09月

建設業許可取得

当社は、今日まで大阪市交通局とともに70年にわたり、地下鉄・バス・ニュートラムをご利用のお客さまの利便性向上に取り組んでまいりました。これからはOsaka Metro Groupの一員として、「お客さま満足度の追求」の経営理念のもと、エンジニアリング事業、IC事業、駅関連事業、シェアードサービス事業、保険代理店事業、流通・不動産事業、広告事業を展開してまいります。